個人再生の時も免責不許可事由はないです。
過払い金が高額であると言ったことがあれば、清算価値に加えられて返済金額が大きくなってくるといったことがあります。

 

その時に過払い金が残っているとそれを返済に充てればいいのですが、もしも残っていないと高額の返済をしていかなければならないのです。
返済が難しいといったことを裁判所が判断すると、個人再生が認可されなくなってくるといったことがあります。
その他にも債権者から差し押さえが執行されてしまった場合なども難しいかもしれません。

 

一部債権者のみ任意整理をした結果、不利益が生まれてくるような問題は少なからずあるので、日弁連では、債務整理事件処理の規律を定める規定を制定して、原則、一部債権者だけ任意整理をすることはできないものと定めているのです。

 

収支から見ると返済原資が十分あって、一部債券のみしか任意整理をしなかったといったことがあっても返済が滞るようなことがないと認められるようなことでないと、一部債権者だけにに整理をするといったことはできないこととなります。

 

任意整理をする前に、弁護士などに法律相談をしてみるときがありますが、今は債務整理の法律相談は大半の法律事務所などで無料となっています。
最終的には自己破産などといった選択肢もあるのでしっかり相談して納得した上で決断しましょう。
ポイントは無料相談などをしっかり利用してください。

事例に学ぶ債務整理入門 事件対応の思考と実務 事例に学ぶシリーズ / 債務整理実務研究会 〔単行本〕 freeship 発売日:2014年04月28日 / ジャンル:社会・政治 / フォーマット:単行本 / 出版社:民事法研究会 / 発売国:日本 / ISBN:9784896289404 / アーティストキーワード:債務整理実務研究会 サイムセイリジツムケンキュウカイ 内容詳細:破産・個人再生・任意整理・過払訴訟から小規模企業の民事再生、破産管財業務までを網羅!事件終結に至るプロセスをたどり、依頼者・債権者とのやりとりや手続等を豊富な書式を織り込み解説した実践的手引書!目次:第1編 債務整理手続のポイント(債務整理の相談と受任/ 債務整理の方針の選択/ 受任通知/ 債権の調査 ほか)/ 第2編 債務整理の現場―モデルケースを素材として(任意整理―依頼者の利益の最大化のための対応/ 任意整理―給与収入・住宅ローン・支払継続希望ありの事例/ 個人の破産―同時破産廃止と免責許可申立ての留意点/ 個人の破産―若年者の自己破産による少額管財事件 ほか)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/5751318.html

更新履歴