債務整理と言うと過払い金の返還請求や自己破産などが思い浮かびますが、法的な手段ではなく双方の話し合いで解決する任意整理という方法があります。
債務整理をした場合デメリットについてはこちら。

 

任意整理の手続きをしていくときは、司法書士の代理権の範囲が問題になってくることがありますが、司法書士が代理人になるといったことが可能なのは訴訟者紛争の目的の価額が140万円以内のものと限られています。

 

この訴訟や、紛争の目的の価額は任意整理手続きにおいて、債務者の受け取れる経済的な利益のことですが、利息制限法の上限利率を超えるような利率で計算された300万円の債務を利息制限法に基づき引き直し計算をしてみて200万円としたときは、債務者の受ける経済的利益は100万円と言ったことになり、司法書士の代理権の上限140万円を超えませんから、司法書士が代理することができるような案件といったことになります。
この計算は1社ごとに行っていきますから、100万円の借り入れが5社にあるといったことのようなときでも合計で500万円だから司法書士の代理権の範囲を超えるといったことになってくるのです。
任意整理の手続きは利息制限法に基づく引き直し計算により、債務総額が減少して、さらに長期の分割払いの和解をするといったことで毎月の返済額がえってくるようなことが大きなメリットです。
しっかり活用しましょう。